引越し先のガス会社にも連絡が必要です

引越しのときに、それまで住んでいたマンションやアパートの部屋で利用していた電力会社やガス会社、水道局などに前もって連絡しておくのが基本です。電気料金は基本料金が日割り計算されるので、引越し当日に検針をしてもらうことで電気料金の支払いを最小限度に抑えることができます。そのため、引越し日の数日前に電力会社に電話して、引越し日に検針に来てもらえるように手配するのが常識となっています。ところが、ガス料金については基本料金の日割り計算が行われるどうかは、ガス会社によって異なります。電気料金と同じように日割り計算をしてくれるガス会社もあれば、そうでない会社もあります。事前にガス会社のHPなどで確認しておくとよいでしょう。もし、日割り計算してくれるなら、引越し日に検針してもらえるように予約をしておくと無駄な出費を減らすことができます。

引っ越し先ですぐに使えるようにするための方法

引っ越しをした当日からガスをすぐに使えるようにするためには、事前にガス会社に引っ越し日を連絡しておく必要があります。例えば、4月1日に新居に移り住むことがわかっている場合、それ以前に連絡しておけば、引越し日にガス会社の係員がやって来てメーターやガス栓を開けて、キッチンのコンロや給湯器を使えるようにしてくれます。そのため、すぐにお料理をしたりお風呂を使えるようになります。これを忘れてしまって、新居に引越しをしてから連絡しても、係員がやって来るのは数日先になってしまうため、不便な生活を強いられてしまいます。スムーズに引越しを行うために、前もって連絡することを忘れないようにしましょう。ちなみに、メーターやガス栓を開けるための作業についてはすべて無料となっています。

転居先ですぐに利用するための申込方法と注意点について

転居先のガス会社へは、電話またはインターネットから申し込みが可能です。公式ホームページに、引越しをする人のためのページがあり、ここに転居先の住所や氏名、電話番号や転居日、本人立会の有無などを記入して送信するだけで、リクエストした時間に係員が来てくれます。ただし、プロパンガスの場合はインターネットでの申込みは不可となっており、電話で申し込む必要があります。開通の申込みは、原則として前日までに申し込めばだいじょうぶですが、3月などの引越しシーズンは混み合うため、1週間以上前に申込みをすませておくのが賢明です。ガス会社によっては、開通作業のときに無料で室内の一酸化炭素濃度を測定してくれるところもあります。古いガス器具によっては、ガス漏れの危険性があるため、積極的に利用したいところです。