引越しする時のガスの取り扱い方

引越しが決まったらガスを止めてもらうためにガス会社への連絡が必要になります。このとき、早めに止めてしまうとお風呂でガスを使用している場合、お湯が出なくなってしまうのでいつまで使えればいいのかよく考えて連絡するようにしましょう。それと同時に引越し先の開栓手続きも忘れずにしましょう。引っ越し先も同じ会社の管轄の場合は、連絡も1回で済みますが、そうでない場合は該当する会社を調べることが必要です。また、春先などの引越しシーズンは混み合う可能性があるので日程が決まっている場合は、引越しの1週間ほど前、遅くても2日前までには連絡するようにしましょう。手続きは電話とインターネットどちらからも可能ですので、時間を見つけ早めに連絡することで希望する日程がとりやすくなります。

引越先でガスを使うときは立ち会いが必要

新居でガスを使用するための開栓作業には立ち会いが必要になります。作業の後に、作業員の方が簡単な使い方や、元栓の閉め方などを教えてくれるので、日頃不思議に思っていることがある場合はこのとき聞いてみるのもいいでしょう。また、災害時にガスが止まってしまった場合の対処法も教えてくれるので、よく確認しておくことが大切です。作業員の方が伝えてくれない場合は、こちらから確認するようにしましょう。閉栓時は基本的に立ち会いの必要はありませんが、メーターのある場所まで作業員の方が近づけない場合は立ち会いが必要になります。本人の立ち会いが難しい場合は、代理人でも立ち会いが可能ですが、閉栓作業は短時間で終わるので、なるべく本人が立ち会えるようなスケジュールを組みましょう。

手続きにはガス契約者の情報が必要

ガス会社に閉栓・開栓手続きの連絡をする時、契約者の情報が必要になります。具体的には、契約者の名前、お客様番号、住所、電話番号、現在の料金の支払い方法といったもので、これらの情報を伝えることで本人確認となります。お客様番号は、毎月ポストに入ってくる領収書や検針票に記載されているので1枚は捨てずに大切に保管しておくと便利です。どうしてもお客様番号が分からないときは、毎月の支払い方法が口座振替やクレジット払いの場合、口座番号やカード番号の1部を伝えることで手続きが可能になります。検針票や領収書にはガス会社の連絡先も記載されているので、保管しておくとスムーズに手続きを行うことができます。また、引越し後も料金の支払い方法が変わらない場合は精算に関しての手続きが不要になる場合があるので、その旨も伝えるようにしましょう。

ガス料金やお支払い方法、お客様のライフスタイルをサポートします!お得な料金メニューも! エネファームやエコウィルを使おうと思っているあなたへ!京葉ガスだけのお得な料金メニューがございます インターネットでのお申し込みOK!値段の早見表やサポートもネットで確認! 京葉ガスはお客様に安心感をお約束致します。一目でわかる料金案内やお客様サポートで安心と安全を 京葉ガスは引っ越しのお手続きもご案内!